2019年10月23日

外国人留学生、就職過去最多 人手不足

 出入国在留管理庁は23日、日本の大学や専門学校を卒業後、国内で就職するために在留資格を変更した外国人留学生が2018年に2万5942人の上ったと発表した。前年を3523人上回り過去最多を更新。

 留学生の総数が増えていることに加え、人手不足で外国人労働者に対する企業の需要が高まっっていることが要因とみられる。

 留学生が日本で働くには在留資格を「留学」などから就労目的の資格に変更する必要がある。2018年に変更した人は5年前の2013年に比べると、2倍以上となった。

 変更後の在留資格別にみると、企業でエンジニアや経理担当などとして働く際の資格が全体の93.2%を占めた。
                               
                                     共同通信
posted by 鏑木歯科 at 11:23| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

台風19号 警戒

台風19号2019年.PNG
posted by 鏑木歯科 at 08:17| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

すべての人が幸せになる魔法の言葉たち

 「赤ちゃんが乗っています」のステッカーの本当の意味を知っていますか?
 このステッカーの意味は、「赤ちゃんが乗っているから、無理に近づいて事故を起こさないでね」という意味で、初心者マークと同じで、「赤ちゃんが産まれたら貼りましょう」というふうに思っていた方は、多いのではないでしょうか?
 でも実はこんな話があったのです。
 この赤ちゃんマークには、隠れた悲しい秘話がありました。
 それは80年代のアメリカで、高速道路を運転している女性が事故を起こし、重体となって、3日間ほど意識が戻らなかったそうです。そして何とか意識を取り戻して最初に発した言葉は「私の赤ちゃんはどこ?」。しかし、医師は女性の子どもがいたとは知らず、すぐさま警察に確認の連絡をしたところ、警察もその存在を確認していなかったので、慌てて事故車両の中を探すと、後部座席の下ですでに冷たくなっている赤ちゃんを発見したそうです。
 赤ちゃんには目立った外傷もなく、母親と同時に発見されていれば、助かったであろう命だったそうです。
 この教訓を踏まえてあのステッカーは開発されたのです。
 あのステッカーの本当の意味は「事故車両の中に赤ちゃんがいます。一緒に助けてください」という意味なのです。そして注意喚起の黄色でもあるのです。
 事故の際「真っ先に助けてください」のサインであったのです。
赤ちゃんが乗っています.PNG
                  Facebookよりシェア
posted by 鏑木歯科 at 09:31| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする