2020年06月30日

あおり運転 10行為の摘発強化 改正道交法が施行

 あおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道交法が30日、施行された。罰則は最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金。免許は即取り消しで再取得できない欠格期間は最大3年。7月2日には危険運転の適用範囲を拡大した改正自動車運転処罰法も施行される。

あおり運転.PNG

 改正道交法では、あおり運転を「妨害運転」と規定し、他の車の通行を妨げる目的で逆走、急ブレーキ、車間距離不保持、急な車線変更など10行為を対象とした。

 警視庁幹部によると、立件には「通行を妨害する意思」の立証が不可欠で、警察はドライブレコーダーなどの客観的な証拠の収集、関係者の供述による裏付け捜査を強化する。
                           共同通信
posted by 鏑木歯科 at 09:06| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱中症注意 新アラート

 環境相と気象庁は7月1日から、熱中症の危険性が高まった場合に、「熱中症警戒アラート」を発表する。当面は関東甲信(1都8県)で試験的に実施し、来年度から全国に拡大する方針。

 環境省が公表している気温や湿度、日射量などを基に算出した「暑さ指数」を使用。暑さ指数が33以上の場合に、アラートを都県ごとに発表する。33以上が翌日に予測される場合も発出する。

 この基準は、東京都の過去5年間の暑さ指数と熱中症の搬送者数などを分析した結果、暑さ指数33以上で重症者と死者が急増していたことから決定した。5〜9月に、7回程度の発表を予想している。

 環境省と気象庁は「災害級の暑さになるとの危機感を持ってもらいたい。水分摂取やクーラー使用などの予防を徹底してほしい」としている。

               関東甲信で 気温、湿度、日射量で算出
                                         読売新聞
posted by 鏑木歯科 at 08:23| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

日本医師会会長に中川氏 現職破り初当選

 任期満了に伴う日本医師会(日医)の会長選挙は27日、東京都文京区の日医会館で投票が行われ、開票の結果、副会長の中川俊男氏(69)が現職の横倉義武氏(75)を破り、初当選した。任期は2年。2012年から4期8年務め、安倍晋三首相との太いパイプを生かして安定運営をしてきた横倉氏は5選を果たせなかった。

日医 中川新会長.PNG

 同日、各都道府県から選出された代議員による投票で選ばれた。ハイ表の結果は、中川氏が191票、横倉氏が174票だった。

 中川氏は北海道出身で、地元で脳神経外科病院を経営する。10年に副会長になり、12年以降は横倉執行部の中心的な役割を担ってきた。

 今回は選挙前に、横倉氏が任期限りで退く意向を中川氏に伝えたものの、数日後に翻意。こうした経緯に反発した地方の石会長らが中川氏を支持し、組織を二分する激しい選挙戦になった。政府・与党との緊密さを強調する横倉陣営に対し、中川氏は「官僚、政治家と是々非々で付き合い、いざという時にはノーという強さを持ちたい」と対決も辞さない姿勢を強調していた。
                          毎日新聞
posted by 鏑木歯科 at 16:25| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする