2020年08月31日

自民総裁選 主流派、菅氏に白羽の矢 派閥主導で石破氏封じ

 安倍晋三首相の辞任表明に伴う自民党総裁選に、菅義偉官房長官が出馬する意向を固めた。

 二階俊博幹事長や麻生太郎副総裁兼財務相が菅氏を推す考えで、首相も前向きとされる。次期政権でも主流派として既得権益を維持し、人事や政策決定に影響力を行使したい勢力が、政権中枢で7年8か月にわたり首相を支えた菅氏が適任として白羽の矢を立てた格好だ。

 二階氏はかねて菅氏の手腕を評価しており、首相が辞任しを表明した28日朝のテレビ番組収録でも「(首相に)指名されれば十分に堪え得る人材だ。有力候補の1人だ」と明言。ともに国会議員秘書と地方議員を経験、最近も頻繁に会食を重ね、気脈を通じる間柄だ。29日には菅氏から直接、出馬の意向を伝えられた。二階派の河村建夫元官房長官は30日、「(菅氏支援の)空気が生まれている」と記者団に語った。

 一方、麻生氏は消費税への軽減税率導入で菅氏と対立するなど反目。岸田文雄政調会長への「禅譲」を探る首相と歩調を合わせてきた。だが、岸田氏は個々役て発信力や指導力の欠如を露呈。政権批判を繰り返す石破元幹事長と一騎打ちになれば「勝ち目はない」(竹下派幹部)と目されていた。首相退陣が確定すると、麻生氏は「菅氏が一番収まりがいい」と方向転換を口にした。

 首相自身、任期途中での本意な退陣で当初描いていた岸田氏への禅譲がわからなくらると、複数の関係者に「菅氏が望ましい」と本音を漏らした。ただ、後継選びに関与すべきではないとの立場から、表立っての発言は控える意向だ。

 「『菅待望論』の雰囲気を徐々に作っていこう」。あるベテラン議員は29日、菅氏と会ってこう申し合わせた。菅氏と親しい子の議員は、首相が17日に慶応大病院を受診して健康不安説が高まった頃から、後継には菅氏しかいないと見定めて党内の根回しを進めている。

 ある主流派の幹部は、二階派がすでに菅氏支持を固めたことを踏まえ、「細田派、麻生派、竹下派がどうするかで流れが決まる」と述べ、派閥主導で選挙戦の行方を決定づける考えを示した。

 総選挙に当たり、二階派は党内の根強い異論をよそに、党員投票を伴わない両院議員総会で決着させる方針。新型コロナウイルス感染拡大や経済悪化という国難に直面する中、政治空白の長期化を避けるという「大義名分」の下、過去の党員投票で強さを示してきた石橋に不利な構図に持ち込もうとしている。

 一方、首相から禅譲を基本戦略としてきた岸田氏は、主流派から菅氏に乗り換えられた形となった。岸田氏は30日、東京都内で細田派会長の細田博之元幹事長、麻生氏と相次ぎ会談。改めて支援を要請したとみられる。だが、岸田派中堅は「今回は勝ち目がない。一度我慢した方がいい」と語り、撤退も視野に入れるべきだと指摘した。
                                          時事通信
posted by 鏑木歯科 at 09:45| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

敵国に占領された離島へ・・・陸自、初の「離島有事」演習

 陸上自衛隊北部方面隊の実働演習が28日、北海道天塩町の海岸で報道陣に公開された。本土への侵攻を想定した例年と異なり、今年は初めて、離島が攻め込まれた事態を想定。中国の海洋進出を受け、ロシアの脅威に備えた従来の演習から大きく転換した格好だ。
 水陸機動団.PNG

 演習は9月10日まで、約1万7000人が参加して道内16拠点で行われる。28日の訓練は、旭川市の第2師団が敵国から離島を守る場面を、離島防衛の専門部隊「水陸機動団」(長崎県)が敵国に占拠された離島に乗り込む場面を、対抗戦形式訓練した。水陸機動団が北海道に来るのは初めてだ。

 陸自は2018年、南西諸島の防衛力強化を念頭に、水陸機動団を創設したほか、北海道の3師団・旅団を含む全国の7師団・旅団について、方面隊の管轄エリア超えて迅速に展開させる構想を発表した。防衛省幹部は「状況によっては北海道の部隊が南西諸島に展開する可能性はある」と語る。

 一方、水陸機動団はこれまで、地形上の制約などから、長崎、鹿児島の2県でしか水陸両用戦の訓練が行えず、より良い訓練場所を探していたという。陸自は、広大な演習場が点在し、演習に対する地元の理解も得やすい北海道を「道場」と位置付けており、ある幹部は「今回のような離島防衛の訓練を北海道で行う機会は、今後増えていく可能性がある」と話した。
                        読売新聞
posted by 鏑木歯科 at 11:45| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

国民全員のワクチン確保へ 政府のコロナ対策判明

 政府がまとめた新型コロナウイルス感染症パッケージの医療分野の全容が27日、判明した。2021年前半までに国民全員分のワクチン確保を目指すことが柱。
 感染拡大地域の医療機関や高齢者施設の全職員を定期的に検査する。医療体制の逼迫を回避するため、感染者への入院勧告の運用を見直し、重症者を優先的に治療する。安倍晋三首相が28日の記者会見で法表する。

 新型コロナの終息が見通せない中、国民の不安を和らげるため対策強化に取り組む姿勢を改めて示し、社会活動を活性化する狙い。

 国民全員分のワクチンの確保方針に関しては28日の閣議に諮る。
                                  共同通信

 
豊田真由子談
 
 ワクチンについては、安全性と有効性が確認されることが必須です。さらに開発に成功しても、それが量産されて、広く行き渡るようになるまでに時間がかかります。先進国だけでなく、発展途上国にも供給されないと、世界全体の収束は望めません。
 通常のワクチンもそうですが、接種した全ての方について必ず感染を防げるということではありません。過去には、広く流通してみたら、効く割合が治験よりも圧倒的に少なかったり、あるいは想定外の副作用が出たりといったケースもあります。
 
 それから、全ての疾病に有効なワクチンや治療薬が必ず開発できるわけでもありません。例えば、これまで30年以上を費やしても、HIVワクチンは、未だ開発されていません。

 悲観的になりたいわけでは全くありませんが、「ワクチンさえ開発されれば、すべてが解決する!」ということではなく、事実を事実としてお伝えすることが大切だろうと思います。
posted by 鏑木歯科 at 09:47| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする