2020年10月27日

出産一時金の引き上げ議論 田村厚労相 現行42万円支給

 田村憲久厚生労働相は27日の記者会見で、出産した人に公的医療費軒から42万円が支給される出産育児一時金に関し、引き上げも含めて見直しを議論する考えを示した。「実態ちゅさをしており、年末までに金額に関しても検討していきたい」と述べた。引き上げる場合は、保険料を負担する国民や企業の理解を得ることが前提だとした。

 また不妊治療に関し、26日の所信表明演説で菅義偉首相が「所得制限を撤廃し、保険適用を早急に実現する」と述べたことは「h件を適用すれば所得制限は無くなるという意味だ」との見解を示した。
                                     共同通信
posted by 鏑木歯科 at 15:13| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

鈴木大地氏、千葉県知事選に立候補へ

 来春の千葉県知事選を巡り、ソウル五輪競泳金メダリストで、前スポーツ庁長官の鈴木大地氏(53)が自民党県連幹部に立候補する意思を伝えたことが25日、県連幹部への取材で分かった。知事選には千葉市の熊谷俊人市長(42)も立候補する意思を固めている。県連は諸田健作知事(70)の不出馬を織り込んでおり、選挙戦の構図が大枠で固まった。
鈴木大地氏.PNG

 県連幹部によると、鈴木氏はこの週末、県連会長の渡辺博道衆院議員と面会。立候補の意向を確認すると「意欲はあります」と答えた。別の国会議員には「自民党がまとまってもらいたい」とも話したという。

 県連内では、石井準一参院議員が熊谷市に指示を伝えている。県連幹部は石井氏と調整しつつ、30日に県内選出国会議員団会議を開き、鈴木氏で一本化したい考えだ。森田氏が去就を明らかにした後、鈴木氏が正式に立候補を表明するとみられる。

 鈴木氏は地元の習志野市出身で、1988年のソウル五輪では競泳背泳で金メダルに輝く、知名度も高い。スポーツ庁長官としての行政経験もあり、県連が擁立へ最終調整をしていた。
                              朝日新聞
posted by 鏑木歯科 at 08:28| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

政府、年末年始の休暇延長提言へ 帰省、初詣での人出分散

 政府が23日に開く新型コロナウイルス感染症対策分科会で、年末年始の休暇の延長を低減することが分かった。来年1月4日の月曜日を仕事始めとする企業が多いとみられ、帰省や旅行、初詣などによる人で増を分散するため、11日の成人の日まで休みを延ばすよう働きかける。

 年末年始は規制による高齢者との接触機会や、団体での飲食が増えることが予想される。インフルエンザの同時流行も懸念されており、23日の分科会では年末年始の過ごし方に関する注意点を取りまとめ、国民に広く呼びかける見通しだ。

 集団感染の抑制への取り組みや、イベント制限の緩和に向けた実証実験についても議論する。
                                             共同通信
posted by 鏑木歯科 at 14:07| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする