2021年03月30日

ワクチン追跡調査結果 予防効果90% 米

 アメリカで新型コロナウイルスワクチンを実際に接種した人たちの追跡調査結果が初めて発表され、予防効果が90%に上ったことが分かりました。

 アメリカのCDC(疾病対策センター)は29日、去年12月から今月中旬にファイザーかモデルナのワクチンを接種したおよそ4000人の追跡調査結果を発表しました。

 それによりますと、2回の接種を終えた人に対する予防効果は90%、1回しか接種していなくても80%の予防効果が得られたということです。

 今回の調査は、ワクチンを優先接種された医療従事者らの追跡結果で、一般人よりもウイルスに接触しやすいにもかかわらず高い予防効果が示されたことから、CDCは「これから接種するする人たちに希望を与える結果だ」としています。
                           日テレNEWS24
posted by 鏑木歯科 at 11:53| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK鈴木奈穂子アナ、あさイチ新MC「緊張する」

 NHK朝の情報番組「あさイチ」(月〜金曜午前8時15分)の新年度が30日からスタートし、新MCに就任した鈴木奈穂子アナ(39)が登場した。今月末で退職する大見友里恵アナ(32)の後任で、産休からの復帰となる。
鈴木奈穂子.PNG
 本来は29日スタートだったが、選抜高校野球の雨天順延のため、この日が新年度の初回となった。

 博多大吉から「今日からあさイチに新しい仲間が食わまりました」と紹介された鈴木アナは「よろしくお願いします。いやあスタジオは緊張するし、この日が来なければいいなと思っていたら、1日順延になってしまいました。今日から頑張ります」とあいさつすると、大吉は「そんな後ろ向きすぎる」。華丸から「こっちとしてはじらされた感じがする」と突っ込まれた。

 鈴木アナはこれまで、情報番組に長く携わってきており、そのスキルが期待されている。同局正籬聡補装総局長も定例会見で、鈴木アナについて「ニュースの最前線で培ってきた豊富な経験が番組を活性化してくれると思う。生活者として当事者の目線を生かして、様々な感覚を伝えてほしい。新たな雰囲気の番組になると思います」と評していた。

 鈴木アナは04年入局し「NHKニュースおはよう日本」のキャスターや「ニュース7」平日のメインキャスターを歴任。12年にTBSの社員と結婚した。19年3月末で「ニュース7」を離れ産休入り。同年5月に第1子となる女児を出産した。
                                日刊スポーツ
posted by 鏑木歯科 at 10:27| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体外受精20〜100万円 目立つ病院間価格差 厚労省が初公表

 厚労省は29日、不妊治療の実態調査結果を初めて公表した。治療費は、人工授精が1回当たり平均3万166円、体外受精が同50万1284円だった。精液に精子のない無精子症の患者について、顕微鏡を使って精巣内から精子を採取する治療には同約30万円かかっていた。

 調査は、政府が掲げる不妊治療の助成制度の見直しや、2022年春の公的医療保険適用に向けた基礎資料にするのが目的。不妊治療を巡る治療法や価格などについて、20年10〜12月にアンケートし、体外受精や人工授精など女性の赴任を治療する医療機関386施設、男性不妊を治療する医療機関88施設から回答を得た。

 その結果、人工授精では1〜5万円、体外受精で20〜100万円と、医療機関によって価格差が大きかった。性交渉のタイミング指導や人工授精は9割以上の医療機関が実施。一方で無精子症の患者の清掃から採取した精子を使った顕微授精は約6割、将来の不妊治療のための卵子凍結は約4割と、実施機関の少ない治療法もあった。

 厚労省は、治療当事者(男性625人、女性1022人)にもアンケート。治療の平雄近海数は体外受精で3.7回、顕微授精で2.1回だった。出産できるか不安だった男性は57.4%、女性は74.3%。治療費が不安だった男性は45.6%、女性は56.1%と、女性のほうが不安が大きい傾向がみられた。

 不妊治療を巡り、厚労相は今年に入って終了した治療から助成制度を拡充。体外受精や顕微授精について1回当たり上限30万円とし、徐徳制限を撤廃した。
                           毎日新聞
posted by 鏑木歯科 at 08:32| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする