2021年03月29日

「軽井沢ブランド、使い放題」 町が張闓事業者に配慮求める文書

 長野県軽井沢町は29日、町外の事業者が企業名や商品名に「軽井沢」という名称を使うと消費者の誤解を生むとして、使用する際は最大限の配慮を求める文書を公表した。町外の事業者が名称を使う場合は軽井沢町内に事業所がないことなどを消費者に周知するよう要望している。
   軽井沢町長.PNG
 町によると、軽井沢という名称を使う町外の事業者は59あるとされる。藤巻進町長は「軽井沢のブランド価値の毀損に(きそん)につながる。軽井沢という名前は軽井沢町民の一級の財産だ」と訴えている。

 文書は町商工会や観光協会などと連名でまとめた。町内の事業者が「軽井沢」を企業名や商品名に取り込むことに問題はないとしたうえで、軽井沢町以外、とりわけ長野県内の隣接する市町村に所属する事業者が「軽井沢」という名称を使用すれば、消費者に誤解を生むと主張している。

 藤巻町長はシャンパンを引き合いに「それはシャンパーニュ地方で作られたものに限られ、同様のものでもスパーリングワインなどと表現している」とし、ブランド価値の重要性を説明した。その上で、「地名は商品登録はできず、使いたい放題だ。これが広がると、軽井沢の輪郭がぼやけていくのではないかと危惧している。消費者の利益にも反する」と強調した。              
                                     毎日新聞
posted by 鏑木歯科 at 15:15| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「まん延防止等重点措置」とは

 「まん延防止等重点措置」と「緊急事態宣言」

 ・対象地域
  緊急事態宣言は、都道府県単位で出されます。一方、重点措置は、政府が対象とした都道府県の知事が、市町村など特定の地域を限定するこ     
  とができます。

 ・適用の目安
  宣言は感染状況が最も深刻な「ステージ4」に相当するかどうかが目安になります。重点措置は、「ステージ3」が想定されていますが、感 
  染か局地的に、急速に広がっている場合は、「ステージ2」での適用もあり得るとしています。

 ・「まん延防止等重点措置」を講じる要件は
  要件については、新規陽性者数などの状況を踏まえ、都道府県での感染拡大の恐れがあり、医療の提供に支障が生じる恐れがあると認められ
  ること定めている。


 都道府県が飲食店などに行うことができる措置

 ・従業員への検査受診勧奨
 ・入場者の整理
 ・発熱などの症状がある人の入場禁止
 ・入場者へ感染防止のための措置の周知と、それを行わない人の入場禁止など
                                              NHK
posted by 鏑木歯科 at 14:25| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まん延防止、要請へ「第4波へ入った」 吉村大阪知事

 大阪府の吉村洋文知事は29日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用を国に求める考えを示した。

 近く開く対策本部会議で正式に決定し、州内に要請する。大阪市内で記者団の取材に応じた。

 府内では、28日まで3日連続で300人以上の新規感染者を確認。28日は東京都の感染者数を上回った。吉村氏は「市中感染の入り口に入っている。第4波に入ったと分析している」と危機感を示した。
                              時事通信社
posted by 鏑木歯科 at 13:51| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする