2021年03月06日

尾身会長、年内終息見込めず 「冬までは感染広がる」

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は5日の参院予算委員会で、コロナ感染の年内の「終息」は見込めないとの見方を示した。なん内に人口の6,7割がワクチンの接種を受けると仮定しても「おそらく今年のっゆまでは感染が広がり、重症者も時々は出る」と述べた。
   尾身茂.PNG
 終息の定義として「さらに1年丸井はさらにもう1年たち、季節性インフルエンザのように、それほど不安感がなくなれば終息となる」との考え方を披露した。

 コロナ対策で営業時間短縮要請に応じた事業者向けの協力金に関し、国民民主党の舟山康江氏は事業者の規模に応じた支援を求め、菅義偉首相は検討する姿勢を示した。
                         共同通信
posted by 鏑木歯科 at 14:34| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする