2021年03月15日

首都圏下げ止まり「見えない感染源があるのでは」尾身氏

 感染の急増が指摘されている新型コロナウイルスの変異株への対策について、政府の対策分科会の尾身茂会長は15日の参院予算委員会で「今までの延長では、なかなか難しい」との見解を示した。そのうえで、「変異株が感染拡大のスピードを加速するという可能性を、最悪の状態を考えてやらないといけない」と述べた。

 首都圏で感染の下げ止まりがある現状について、尾身氏は「見えない感染源があるのではないかというのが我々の判断」と説明。「そのことを放置したままにただ延長、また解除をしても本質的な解決にはならない。重要なことはしっかりとした現状の把握だ」とし、これまで以上に感染調査を徹底することが必要との考えを示した。

 そのうえで、「」(緊急事態宣言を)解除した後も長い。何が一番気もで、何に集中するかというメッセージをきわめてはっきり国路自治体が出すことが必要。そうしたはっきりしたメッセージがあって、一般市民は協力を今まで以上にしてくれると述べた。
                       朝日新聞
posted by 鏑木歯科 at 16:01| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする