2021年04月13日

家事や介護に1日4時間 中高生の5%がヤングケアラー

 大人の代わりに家事や介護といった家族の世話を担う子供「ヤングケアラー」が、中学・高校生でおよそ20人に1人いることが、厚生労働省が12日発表した初の全国調査で明らかになった。世話に割く時間は1日平均4時間に及び、当事者からは学校生活や将来への影響を心配する声も出ている。
 ヤングケアラー2.PNG
   
 調査は全国の公立中学の2年生と公立高校(全日制)の2年史を対象に昨年12月以降に実施し、1万3777人から回答があった。世話している家族がいると答えたのは中学2年生で5.7%、高校2年生で4.1%。文部科学省の統計に当てはめると、中学2年生約5万5千人、高校2年生で約4万2千人がヤングケアラーという計算になる。
  ヤングケアラー.PNG

 調査では親や祖父母の介護に加え、幼い兄弟の世話も含めて尋ねた。その結果、世話の相手は兄弟の割合が最も高く、中学2年は61.8%、高校2年で44.3%。父母は中学2年で23.5%。高校2年で29,6%だった。
 世話の内容は、中学2年で相手が父母の場合、「食事の準備や清掃、選択などの家事」(73.3%)が最も多かった。相手が兄弟の場合、「見守り」(68%)が最多で「家事」は37.6%、「兄弟の世話や保育所への送迎など」も34%いた。

 世話に費やす時間は中学2年で平日1日平均4時間、高校2年生で同3・8時間だった。7時間以上という回答もそれぞれ1割を超えた。
                           朝日新聞
posted by 鏑木歯科 at 10:31| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松山英樹選手、キャディの行動でも世界に感動広がる。帽子を脱ぎ、一礼を・・

 男子ゴルフの松山英樹選手が4月11日(現地時間)、アメリカであった男子ゴルフの海外メジャー大会「マスターズ・トーナメント」で初優勝を果たした。アジア人として初めての快挙に祝福の声が集まる中、松山選手とともに闘った早藤将太キャディがとった行動に感動が広がっている。

 最終日の18番ホールで、松山選手がウイニングパットを決めた後のことだ。早藤キャディはピンを戻した後にキャップを脱ぎ、一礼した。

   早藤キャディ.PNG

 ゴルフ専門メディア「GOLF.com」のライターはTwitterで、「すごい光景だ」とコメントを添え、早藤キャディの写真を投稿した。

 スポーツ専門チャンネルESPNはTwitterで、一礼する様子を収めた動画を投稿。写真や動画には、「キャディは信じられないほどの敬意を表している」などと、賞賛するコメントが相次いでいる。
posted by 鏑木歯科 at 09:55| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コースに一礼の早藤将太キャディ「ただ、ありがとうって」

 メジャー第3戦 マスターズ最終日(11日)オーガスタナショナルGC(ジョージア州) 7475yd(パー72)

 松山英樹の優勝直後、コースへの❝一礼❞が世界的な話題を呼んでいる早藤将太キャディは12日、当時の心境について「特別な感情はありませんでした。ありがとうございました、ただそれだけでした」と振り返った。
 マスターズ ピンフラッグ.PNG

 最終ホールのピン(旗ざお)からフラッグを外して優勝者が記念にするのはプロゴルフ競技での❝恒例行事❞。早藤キャディは黄色い旗を外してピンをカップに挿した後、帽子をとってコースに対し頭を下げた。

 この様子はSNSを中心に世界中に拡散され、米スポーツ専門局EPNのTwitter動画は日本時間13日午前7時までに再生回数が140万回を突破、「ツイート」は1.1万件に上り、5万件の「いいね」が集まった。賞賛コメントが海外から多く寄せられ、元世界ランキング1位のリー・ウエストウッド(イングランド)は「これまで目にしたゴルフ、スポーツにおいて、おそらくもっとも敬意があり、相応しいことだ。ヒデキ、彼のキャディ、そして日本は素晴らしかった」と投稿した。

 松山の学生時代2年後輩である早藤キャディは、2019年にタッグを組んでから初めて優勝をサポート。「(優勝のキャディが)ピンフラッグをとるというのは知っていたんですけど、僕は初めてだったので。旗を取った後、ピンをカップに戻せばいいのか、戻さずにグリーンの上に置いておくべきなのか・・・。『うーん、分かんないなあ』と思っていたんですけど、結局戻して。それで、ただ『ありがとうございます』って」

 ラウンド前後のコースに向けて、一礼するゴルファーは日本では必ずしも珍しくない。海上が興奮に包まれる中で自然に出た振る舞いが、国内外で反響を呼んでいることに驚きを隠せない様子だった。
                             GDO
posted by 鏑木歯科 at 09:24| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

処理水の海洋放出を正式決定 福島第1原発で政府、漁業者反対

 東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分に関し、政府は13日、関係閣僚会議を官邸で開き海洋放出の方針を正式決定した。2年後をめどに第1原発敷地内から放出に着手。残留する放射性物質トリチウムは濃度が国の基準の40分の1未満になるよう薄める。2041〜51年ごろの廃炉完了目標までに放出を終える予定。
  汚染水.PNG

 汚染水を処理した水への対応は2013年に議論が始まっており、長年の懸案の節目となる。ただ原発事故に加え二重の風評被害を懸念する漁業者の反対は根強く、今後も丁寧な説明や風評抑制、賠償制度整備と取り組むべき課題は多い。
                                           共同通信
posted by 鏑木歯科 at 08:40| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「選択的週休3日制」の導入、諮問会議で議論へ・・・民間議員提案

 政府の経済財政諮問会議(議長・菅首相)の民間議員は13日の会合で、「選択的週休3日制」の導入を求める。経済構造の変化に合わせ、人材への投資と成長分野への人材の移動を促すため、政府の支援拡大や経済界主導での教育プログラムの整備も提案する。

 提言案は「従業員の学び直しの支援を強化するため、選択的週休3日制を導入するなど働きながら学べる環境を整備すべきだ」としている。育児や介護などと労働を両立させやすくすることに加え、休日を活用して新たな能力を身に付けてもらうことで人材の質を高め、持続的な経済成長につなげることも狙っている。

また、職業訓練にかかる費用の支援について、政府に対し「財源のあり方を検討し、企業を通じた支援から個人への直接給付に移行していくべきだ」と指摘する。「産学官で連携し、時代や企業のニーズに合わせて教育プログラムを見直す」ことを求める。

 また、民間議員は、今後マイナンバーカードが本格的に健康保険証として利用できるようになることから、健康保険証単独での交付をやめることも提言する。健康保険証と一体として使ってもらい、マイナンバーカードの普及を図る狙いだ。
                                            読売新聞
posted by 鏑木歯科 at 08:16| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする