2021年12月27日

介護・保育賃上げ二重チェックへ、計画書と実績報告…業務負担の増大に懸念も

 政府は、経済対策に盛り込まれた介護職員や保育士らの賃上げについて、原資となる補助金が賃上げに確実に使われるよう、二重のチェックを実施する方針だ。介護施設や保育所などの経営者に対し、職員の処遇改善の計画書の事前提出と、賃上げ後の実績報告を求める。計画通りに実施していなかった場合は、補助金の返還を求める。

 政府は20日に成立した今年度補正予算に、介護職員や保育士、看護師らの月収を来年2月から引き上げるための経費を盛り込んだ。当面の措置として、9月分までの経費2600億円が計上され、介護職員や保育士で月3%(9000円)の賃上げを図る。

 介護職員や保育士の賃金水準の低さが、慢性的な人材不足の一員として指摘されている。このため、補助金が施設の運営費などに回されずに、現場職員の各じちゅな賃上げつながることが重要になっている。

 政府は、じぎょいう所に対し、事前に都道府県など二年ごとの賃上げ計画書を提出させ、補助金が給与として支払われた後には、文書で実績を報告させる「処遇改善加算」の仕組みを使う方向で調整している。ただ、現場からは書類作成などの業務負担の増大を懸念する声もあり、申請方法について詰めの調整を進めている。

 東洋大の高野瀧昭准教授は「事業者が賃上げ分の経費を書類上の操作でごまかせないよう、情報開示を徹底する対策が求められる」としている。
                           読売新聞
posted by 鏑木歯科 at 12:09| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月24日

千葉県で初のオミクロン株感染確認

 千葉県で、初めて新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」の感染者が確認されました。

 千葉県 熊谷俊人知事
   「千葉県においても本日初めて、オミクロン株の陽性者が確認されました」

 23日夕方に行われた1都3県知事によるテレビ会議で、熊谷知事は千葉県で初めて新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」の感染者が確認されたと発表しました。

 感染したのは、千葉県以外に住む30代の女性で、今月15日にチュニジアから成田空港に到着し、同じ便に乗っていたオミクロン株感染者の濃厚接触者に指定されていました。その後、県内の宿泊施設で経過観察を行っていましたが、のどの痛みなどの症状があり、医療機関に入院をしていました。

 そこでPCR検査を受けた結果、要請が判明。さらにその後のゲノム解析によって、23日、オミクロン株であることが判明しました。女性の症状は軽症だということです。この女性の濃厚接触者はいないということです。
                                     TBS NEWS
posted by 鏑木歯科 at 08:23| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月22日

岸田首相、オミクロン濃厚接触者「指定の施設で14日の待機」発表

 岸田首相は、新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」の感染者の濃厚接触者について、指定の施設で14日間の田沖を要請すると発表しました。

 岸田首相
 「オミクロン株の濃厚接触者に対しては、自宅待機要請ではなく、14日間の宿泊施設での待機を要請するなど、感染封じ込め対策強化してまいります」

 岸田総理は21日の記者会見で、感染対策を強化するため、全ての国内感染者にオミクロン株の検査を行うことに加え、これまで自宅での待機を求めていたオミクロン株の濃厚接触者について、指定の施設で14日間の待機を要請すると発表しました。

 また、「すべての国・地域からの外国人の入国禁止」などの水際対策を、「年末年始の状況を見極めつつ、当面の間延長する」と表明しました。
                                             TBS NEWS
posted by 鏑木歯科 at 09:23| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする