2022年08月26日

小池都知事 コロナ感染者の全数把握「当面続ける」 「重要な機能がある」と強調

 新型コロナウイルスの感染者の「全数把握」について、東京都の小池知事は、当面、続ける考えを示した。

 東京都・小池知事「とは、一人ひとりの患者さんを大事にしていくため、当面、発生届の取り扱いについては、現在の運用を続けていくこととします」

 感染者の全数把握について、政府が24日、医療現場の負担軽減のため見直す方針を示したことにつて、小池都知事は25日、発生届の提出を高齢者などに限定することなく、当面、現在の全数把握を続ける方針を明らかにした。

 その理由として、「医師が患者を診て作成する発生届には、感染動向の把握に加え、患者一人ひとりの健康状態を把握して、必要な医療につなげていく重要な機能がある」と強調した。
                         FNNプライムオンライン
posted by 鏑木歯科 at 08:30| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする