2022年09月13日

ロシア地方j議会でプーチン大統領への「批判」表面化 モスクワや故郷サンクトペテルブルクでも

 ロシア軍がウクライナ北東部ハルキウ州の要塞の街から事実上の撤退を余儀なくされる中、ロシアの地方議会では、プーチン大統領を批判する声が表面化してきています。

 ハルキウ州・親ロシア派幹部「(ウクライナ側は)ロシア軍のおよそ8倍上回る勢力だった。ロシアは兵士を守るために撤退し、再編成を決定したと思う」

 ロシア軍は、ハルキウ州の要衝イジューム周辺からの事実上の撤退を表明しました。ウクライナ側もイジュームのほか南部では過去2週間でおよそ500平方キロメートルを奪還したとしています。

 ウクライナが攻勢を強める中、プーチン大統領に忠誠を誓うチェチェン共和国のカディロフ首長は11日、作戦に「間違いがあった」とロシア軍を批判しました。

 また、ロシア国内でもプーチン大統領を批判する声が上がり始めています。モスクワの区議グループは、ウクライナ侵攻の責任を問い、プーチン大統領の辞任を求める要望書を公表しました。プーチン大統領の故郷サンクトペテルブルクでも議員グループが「プーチン氏の行動は、ロシアの安全保障を脅かしている」として辞任を求める要望書を公表しています。
                                   日テレNEWS
posted by 鏑木歯科 at 17:58| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイザー、新ワクチン申請 オミクロン株BA・5対応

 米ファイザーは13日、新型コロナウイルスのオミクロン株派生型の「BA・5」と「BA・4」に対応した新しいワクチンを接種に使えるよう、厚労省に申請したと発表した。BA・5は現在主流のウイルスで流行「第7波」の原因となった。

 故労相はオミクロン株の初期に流行した「BA・1」対応のファイザーと米モデル南畝ワクチンをそれぞれ12日に承認しており、来週にも接種が始まる見通し。その後、BA・5などに対応した渡久地恩を導入することが検討されている。

 申請したのは、現行のワクチンにBA・5とBA・4の両方に合う成分を混ぜた2価ワクチン。
                                               共同通信
posted by 鏑木歯科 at 13:55| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産経抄 英国王室

 亡くなった英国のエリザベス女王は礼儀正しく、マナーを重視した。

 「あの人たちは駐中国英大使にとても失礼だった」。女王は2016年5月、前年に英国を公式訪問した習近平国家主席ら中国代表団の振舞いについて、こう漏らして話題を呼んだ。その場面が英BBC放送などで放映された。

 習氏と言えば、平成21年12月、副主席として来日時の態度も頂けなかった。当時の鳩山由紀夫内閣は、天皇陛下との会見を望む場合は1カ月前までに文書で申請が必要という「1カ月ルール」を破り、習氏と陛下との会見をセットした。そうまでしたのに、習氏は陛下にお辞儀もせずに握手で済ませたと評判が悪かった。

 そんな中国は今回、安倍晋三本首相の国葬に関してもくちばしを入れてきた。台湾が国葬への代表派遣に前向きな姿勢を示しているのに対し、中国外務省の毛寧報道官は記者会見でけん制した。「台湾独立勢力が政治工作する舞台を日本は提供してはいけない」。

 安倍氏の国葬は我が国の儀式であり、米国のハリス副大統領やインドのモデイ首相、カナダのトルドー首相ら各国首脳が参列する。オーストラリアに至っては現職のアルバニージ首相のほか3人の元首相迄駆け付け、故人をしのび別れを告げる。中国の口出しは無粋かつ非礼である。

 女王も安倍氏の訃報が届いた際には、追悼の声明を発している。「安倍氏の日本への愛と英国との絆をより緊密に築きたいとの思いは明らかでした」。厳粛であるべき儀式を内向きな政争の具にしたり、反論できない故人をおとしめ続けたりするのは礼を失している。

 日本人は礼儀正しいといわれてきた。穀倉反対派のデモや集会の騒乱で、その高評価が一変しなければよいが。
                                      産経新聞

posted by 鏑木歯科 at 10:31| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする