2021年04月13日

処理水の海洋放出を正式決定 福島第1原発で政府、漁業者反対

 東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分に関し、政府は13日、関係閣僚会議を官邸で開き海洋放出の方針を正式決定した。2年後をめどに第1原発敷地内から放出に着手。残留する放射性物質トリチウムは濃度が国の基準の40分の1未満になるよう薄める。2041〜51年ごろの廃炉完了目標までに放出を終える予定。
  汚染水.PNG

 汚染水を処理した水への対応は2013年に議論が始まっており、長年の懸案の節目となる。ただ原発事故に加え二重の風評被害を懸念する漁業者の反対は根強く、今後も丁寧な説明や風評抑制、賠償制度整備と取り組むべき課題は多い。
                                           共同通信
posted by 鏑木歯科 at 08:40| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする