2022年08月08日

「オミクロン株対応ワクチン」10月にも接種開始へ 厚生労働省専門部会

 厚生労働省はオミクロン株に対しても効果が出るように改良された新しいコロナワクチンの接種を、早ければ10月にも始めることを決めました。

 現在、日本国内で接種が進められているコロナワクチンは、中国・武漢などで流行した発生初期のウイルスを基に作られていて、オミクロン株に対する効果は限定的とされています。ファイザー社とモデルナ社は、初期のウイルスに加えオミクロン株に対しても効果が出るように改良した新しいワクチンを開発しています。

 厚生労働省は今日開いた専門部会で、このワクチンについて、9月中に輸入が可能だとして、早ければ10月にも接種を始める方針を示し、了承されました。接種の対象者は高齢者などの重症化リスクが高い人が想定されていますが、1回目と2回目の接種を終えたすべての人への接種も想定して縦鼻を進め、今後のデータをもとに決定するとしています。
                                TBS NEWS DIG
posted by 鏑木歯科 at 17:29| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする