2022年09月27日

ついに出た「秋の王者」 名産地でマツタケ初競り 1本95万円で落札/兵庫・丹波篠山氏

 香りのよさと弾力ある歯ごたえで全国的に名高い「丹波マツタケ」の産地、兵庫県丹波篠山市の「丹波篠山市場」(同市郡家)で27日早朝、同市産のマツタケが初競りにかけられた。1本(120グラム)が出荷され、料理旅館「丹波氏に山 近又」(同市二階町)が95万円で落札した。帰路単価に換算すると約790万円。「秋の味覚の王者」と呼ぶにふさわしい高値がついた。

   松茸.png

 つぼみの状態で長さ約17センチ、傘の直径は6センチほど。初競りは例年より1週間程度遅かった。

 同市場せり人の井関智晴さん(30)によると、「初物でここまでの大きさはなかなかない。虫食いもなく、通年でもなかなかでないほど最高の状態」という。

 近又では、初物は焼きマツタケにして提供するという。ご祝儀相場の中で競り落とした清水龍二調理課長は(31)は「競りの間は心臓がバクバクだった。競り落とせてほっとしている。日本一ともいわれる丹波マツタケの香りと触感の良さを楽しんでもらえたら」と話した。

 マツタケは一昨年、国際自然保護連合が絶滅の恐れがある野生生物を分類する「レッドリスト」で絶滅危惧種に指定。市内でも収量は減少の一途をたどっている。
                          丹波新聞
posted by 鏑木歯科 at 10:39| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする