2021年04月13日

家事や介護に1日4時間 中高生の5%がヤングケアラー

 大人の代わりに家事や介護といった家族の世話を担う子供「ヤングケアラー」が、中学・高校生でおよそ20人に1人いることが、厚生労働省が12日発表した初の全国調査で明らかになった。世話に割く時間は1日平均4時間に及び、当事者からは学校生活や将来への影響を心配する声も出ている。
 ヤングケアラー2.PNG
   
 調査は全国の公立中学の2年生と公立高校(全日制)の2年史を対象に昨年12月以降に実施し、1万3777人から回答があった。世話している家族がいると答えたのは中学2年生で5.7%、高校2年生で4.1%。文部科学省の統計に当てはめると、中学2年生約5万5千人、高校2年生で約4万2千人がヤングケアラーという計算になる。
  ヤングケアラー.PNG

 調査では親や祖父母の介護に加え、幼い兄弟の世話も含めて尋ねた。その結果、世話の相手は兄弟の割合が最も高く、中学2年は61.8%、高校2年で44.3%。父母は中学2年で23.5%。高校2年で29,6%だった。
 世話の内容は、中学2年で相手が父母の場合、「食事の準備や清掃、選択などの家事」(73.3%)が最も多かった。相手が兄弟の場合、「見守り」(68%)が最多で「家事」は37.6%、「兄弟の世話や保育所への送迎など」も34%いた。

 世話に費やす時間は中学2年で平日1日平均4時間、高校2年生で同3・8時間だった。7時間以上という回答もそれぞれ1割を超えた。
                           朝日新聞
posted by 鏑木歯科 at 10:31| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松山英樹選手、キャディの行動でも世界に感動広がる。帽子を脱ぎ、一礼を・・

 男子ゴルフの松山英樹選手が4月11日(現地時間)、アメリカであった男子ゴルフの海外メジャー大会「マスターズ・トーナメント」で初優勝を果たした。アジア人として初めての快挙に祝福の声が集まる中、松山選手とともに闘った早藤将太キャディがとった行動に感動が広がっている。

 最終日の18番ホールで、松山選手がウイニングパットを決めた後のことだ。早藤キャディはピンを戻した後にキャップを脱ぎ、一礼した。

   早藤キャディ.PNG

 ゴルフ専門メディア「GOLF.com」のライターはTwitterで、「すごい光景だ」とコメントを添え、早藤キャディの写真を投稿した。

 スポーツ専門チャンネルESPNはTwitterで、一礼する様子を収めた動画を投稿。写真や動画には、「キャディは信じられないほどの敬意を表している」などと、賞賛するコメントが相次いでいる。
posted by 鏑木歯科 at 09:55| 鏑木歯科日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする